委員長 石田 正史

今年度41年目を迎える鎌ケ谷青年会議所は、周辺地域の発展と多くの青年経済人の育成という輝かしい歴史を築いてまいりました。昨年度7名の卒業生を送り出し、新しい体制でスタート致します。日々進化した運動を発信し続けていくためには、組織の強化と会員一人ひとりが青年経済人として更なる志質の向上を図る必要があります。また、限られた時間の中で活動をしている私達には、今以上に効率性を高めた動きが求められてきます。

まずは、総会及び理事会を、定款・諸規定に基づき実施できるよう運営していきます。そして、会員の合意形成が図れ、同じ目的に向かった運動・活動ができるように、コミュニケーション機会を今以上に増加させ、連絡体制の見直し及び強化を図り、全会員で構成される総会への参加率を向上させていきます。さらに、理事会議においては、円滑な運営により活発な議論ができる場を構築し、効果性の高い会議を行うことで、各事業の魅力を高めていきます。また、各々が遵奉意識を持った行動ができるよう、働きかけをしていきます。そして、多岐に渡る運動を展開している私達青年経済人にとって必要不可欠である、タイムマネジメント能力を高めていく為に講義型の研修を行います。さらに、志質を高める場の一つでもある食事会において、適切な振る舞い方ができるよう、体験型の研修例会としてテーブルマナー研修を開催致します。また、例会以外においても、共に学び共に考える場をつくり、会員の意識並びに能力の向上に繋げていきます。そして、行政並びに地域団体との連携のなかで、災害時での協力体制が図れるよう土台づくりをしていきます。

会員の絆が深まることで組織力は磨かれます。また、積極的な研修参加により、志質並びに能力の向上が図れ、青年会議所運動・活動で最大限の成果を発揮することができ、現在の地域ニーズに応えた魅力ある事業の発信と、地域のより良い発展へと繋げていきます。

 

<委員会スローガン>

「為せば成る」

 

[事業計画]

・総会、理事会の運営と議事録の作成

・定款諸規定に係る事項、備品の整理

・褒章、表彰などの調整(出席率の把握等)

・事務局の補助

・会員の志質向上に繋がる例会の実施

・行政および社会福祉協議会との災害ネットワークの構築

・各委員会との連絡調整

・会員拡大への協力