理事長所信

2015年度 理事長所信・基本理念・基本方針・基本計画(案)

≪理事長所信≫

<はじめに>
1977年6月12日に鎌ケ谷青年会議所は設立されて以来、38年間の長きにわたり、先輩諸兄の英知と勇気と情熱を持って青年会議所活動を行ってきました。青年会議所とは「修練・奉仕・友情」を信条とする青年の集まりであり、明るい豊かな社会を目指す我々青年会議所は率先して行動できる団体でなければなりません。これからも会員一人ひとりが高い志と情熱を持って、青年会議所運動を行っていく所存であります。

【資質向上を目指した人づくり】
私たち青年会議所メンバーは、青年会議所活動だけをしている訳ではありません。仕事や家庭もある中で青年会議所運動や活動に時間を割いております。各々の環境が変化していく時代、青年会議所に時間を費やす事は決して容易ではないはずです。また、あらゆる状況においても、何事も常に向上心を持って取り組む為にはリーダーシップのとれる行動力は必要であり、リーダーに必要な資質を向上させる事が重要であると考えます。
それでは、我々青年会議所から見るリーダーに必要な資質とは何でしょうか。常に周囲の人の中心に立つリーダーは、積極的に物事を学び吸収していく行動力があります。その力は、青年経済人として、地域の担い手となり、現代社会から求められているものであると確信しています。更に、あらゆる場面においても柔軟に対応しリーダーシップを発揮したり、周囲から頼りにされる人となるためには、私たちが様々な経験を積み重ねていかなければなりません。私たち一人ひとりが、その自覚と気概を持ち、自らを知り、相手を知る。個々の成長こそが地域企業の成長となり、理想とするリーダーがこのまちに溢れることで、地域の発展、活性化につながります。

【楽しいところに人はやってくる】
 近年、全国的に青年会議所は会員減少に常に悩まされています。何故会員減少は深刻な問題なのでしょうか。それは、より組織が活性化し地域に必要とされる組織となるためです。新しい会員が増えることは、単に仲間が増えるだけにとどまらず、職業や経歴による多様な考え方や行動様式も入ってくるということです。また、全く違う角度からの様々な意見をもらうことで組織を引き締め、地域のための事業がさらに充実していきます。さらに、私たちがより自己成長を図るためにも、欠かせないのです。
この先数年でメンバーの半数近くが現役を退く現状を見ても、総力を挙げて会員の拡大をしなければなりません。新たな会員が組織に多様性を生み、交流の中から新しい価値が生まれるのです。高いモチベーションの会員が多く集まることで、組織の価値は高まり、進化をはじめます。メンバー一人ひとりが会員減少について再度真剣に考え、情熱と誇りを持ち、その想いを入会候補者にしっかりと伝えることが出来れば、必ずや多くの志高い仲間が多く集まると確信しています。
【人が変わればまちは変化する】
現代社会において、私達の小さい頃から比べて大きく変化してきました。核家族化や少子高齢化、また地域社会と関わる機会が減り、家族以外の大人達や年齢層の異なる子ども達と関わる機会も少なくなっています。私たちが住むこの地域も例外ではありません。
この状況を改善する為に、地域にしっかりと目を向け、地域の思いを知り、地域の活性化を目指して運動を伝播して行くことではないでしょうか。その為には、他団体との交流、連携を図り、より多くの人たちに運動を伝播するために繋がりの機会を構築します。
市民が積極的に活動できる運動を行う事によって、地域を愛する心、誇りに思う心を育て、それぞれの環境の中からより一層、地域活性化の芽が育って行きます。
この地域で育った私たち。愛する地域であるからこそできるまちづくり。まちづくりには終わりがありません。「ひと」と「ひと」とを結ぶ絆こそがまちを形成する大きな要素となっているのです。
青年会議所はまちづくりのためだけの団体でもありません。まちづくりという手段その事業を通じて、明るい豊かな社会実現を目指しています。

【志を束ねる情報の発信】
青年会議所では、「修練・奉仕・友情」という三信条を基本とし、自らが大きく成長する機会を与え、学びを繰り返し、品格ある青年として社会への責任を果しております。 私たちは、その基本姿勢を柱に行動し、組織の中で情報を共有化できるチームワークを構築しなければなりません。そして、私たちの意志を強く周囲に発信し続けることにより、自分たちが住む地域の未来は自分たちで切り拓くという当事者意識を促しながら、多くの同志に出会えるきっかけを作ります。
同じ志を思う者が、一人でも多く存在することによって、私たちの意志が強く地域に広がり、明るい豊かな社会へと一歩ずつ近づくのです。さらにメンバー一人ひとりの自覚と責任も向上し、ゆるぎない組織へと変化させながら強固な鎌ケ谷青年会議所へと進化していきます。

【結びに】
人生においての成長は経験から始まります。自らが成長する最大の方法は自ら体験する事であります。青年会議所は、自らが成長する機会に多く出会える場所です。 全力で取り組み強く行動し続ける者は必ず人として成長します。私自身、鎌ケ谷青年会議所に入会してから現在に至るまで、青年会議所でしか経験できない多くの事を学びました。そして共に切磋琢磨してきた多くの仲間にも出会えることができました。ひとつ話をすればお互い様の気持ち、それは自分の事だけではなく相手の事も考える。相手が求めている事に応えれば、必ず自分が求めている事に対しても応えてくれます。このお互い様の気持ちを学んで頂きたいと思います。私はそんな仲間と共に歩んだ経験を生かし、メンバーとともに積極的に行動し、挑戦していきます。
最後に皆様は、青年会議所に入会して自らが成長できたと思える経験がいくつあるでしょうか。もしそんな経験がないと思っているのならば、今年は一歩。一歩前に進んでみましょう。その一歩はあなたが40歳を迎えた時、必ず大きな功績になっているでしょう。

《 基本理念 》
自らの意志で行動し次世代へと繋がる地域をつくる

スローガン
『自らの力を信じ、新たな自分創造へ』

《 基本方針 》(案)
近隣地域を更に発展させるための青年会議所活動を行う。
自らが成長するための青年会議所活動を行う。
地域の方々と共に豊かな社会の実現に貢献する。

《 基本計画 》(案)
 会員の成長につながる会員研修
多種多様な人材の拡大
地域関係諸団体との連携の強化
 青年会議所の特色を活かした活動の強化
近隣地域への青年会議所の周知

《 職務分掌 》(案)
  例会の企画、運営は各委員会で行う。 

監事
鎌ケ谷青年会議所の活動状況や財産に関する、監査を行う。

顧問
鎌ケ谷青年会議所の活動状況下で、メンバーからの相談などに対し意見を述べてもらう。

副理事長
理事長の補佐、京都会議、全国大会の設営

総務広報委員会    
総会、理事会の運営
定款諸規定に係る事項、会員名簿、活動記録、備品の管理
インターネットウェブページ、SNS等での広報活動
褒章、表彰などの調整
会員拡大の協力
会員拡大委員会     
 会員の拡大
会員の成長に繋がる研修の実施
会員拡大に繋がる例会の実施

事業発信委員会    
地域の活性化に繋がる活動の実施
会員拡大の協力

未来推進会議
  40周年記念式典並びに記念事業に関する、調査研究

事務局
会計及び財務管理(年会費の徴収・慶弔の調整等)
会員移動に関する事項(入退会等日本青年会議所への報告)
未来推進会議での調査、研究の理事会での報告

専務理事
日本青年会議所、関東地区協議会、千葉ブロック協議会との連絡調整
地域関係諸団体との連絡調整
OB会との連絡調整
正副理事長会議の運営
役員会議の運営

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>