総務広報委員会
委員長 堤 直人

事業方針

鎌ケ谷青年会議所は、これまで鎌ケ谷市周辺地域の発展や、豊かな社会づくりに貢献し、今年度42年目を迎えました。先輩方が築き上げてきました鎌ケ谷青年会議所が、今後も地域に求められる団体であり続けるためには、会員1人ひとりの青年経済人としてのさらなる資質向上が必要になります。また、鎌ケ谷青年会議所の活動を広く地域の方々に周知していくためには、より効果的な情報発信が必要になります。

まずは、円滑な会議を行うために、総会及び理事会を定款・諸規定に基づき実施できるように運営していきます。そして効率的な会議に向けて、事前配信を徹底し、会員が万全な状態で会議に参加できるように準備を行います。さらに、理事会議において活発な議論を行うことができるように環境を構築し、会議の質を高めていきます。また、鎌ケ谷青年会議所における会議の重要性を改めて全会員に浸透していけるように、会員間での連絡体制の強化を図り、会議の参加率の向上を図ります。そして、地域の方々や新たな仲間に向けて、鎌ケ谷青年会議所運動の情報を発信するために、会員の知識を結集し、ホームページやSNS等を活用したLOMの広報活動を行います。さらに、災害時における支援体制の強化のために、関係諸団体と連携を図りながら例会を行うことで、地域との防災体制の基盤を構築していきます。

会議の質が高まることで会員の資質が向上し、組織力の強化に繋がります。また、万一

の災害時においても地域に求められる存在となれるように、関係諸団体と連携を図っていきます。目まぐるしく変わる時代の変化に順応し、事業の広報活動と地域社会の発展に貢献します。

スローガン

Continue to challenge!~一歩でも前へ~

事業計画

・事務局の補佐
・理事会の運営と議事録の作成及び管理
・ホームページ、SNSを使ったLOMの広報管理
・定款諸規定及び会員に関する事項の管理
・褒章、表彰などの調整
・活動、運動記録の管理